SEO対策について(5)

投稿日: カテゴリー: ウェブコンサルティング

今回がSEO対策の本当の最終章になります。

さてSEO対策の最後として「ターゲティング」を挙げてみます。

「検索順位は高いけどなかなか訪問してもらえない。」
「アクセスはあるけど問い合わせ率が低い」

そういった場合、ターゲティングが上手く出来ていない可能性があります。

「B英会話教室」は、「駅前ビルで中高年を対象とした英会話教室」と設定しました。

とすると、当然ながらターゲットは「中高年」で、立地が「駅前ビル」なのであれば、「通勤帰りの勤務者」がメインターゲットでしょうか・・・・

男女比率で言えば男性が多いと思われます。

もしAさんが上記をターゲットとしていた場合、当然ながらホームページのコンテンツの作り方もターゲットに合わせて作成しなければなりません。

またSEO対策もターゲットを意識しなければ訪問率は低いでしょう。

皆さん検索をされた事があるので、ご存じでしょうが、Yahooで「英会話教室 新宿駅」での検索結果です。
(縦長で見づらいですがご了承ください。)

さて、自分が「中高年」で帰宅時に英会話教室を習いたいと想定してください。

この検索結果で、どのホームページをクリックしてみようと思われますか?

一般的には、検索結果に表示される文章(スニペットなどと呼びます。)を読んで訪問の判別をする方が多いです。

このスニペットがホームページ(英会話教室)の概要を説明している訳ですから、文章から「予測」しで、 「私の探している英会話教室とは違うかも・・・」と篩にかけられるのです。

今回のターゲットの方からすると「英会話教室 新宿駅」では、当たり障りのない概要しか分からないので、

1.ひとまず片っ端からクリックして、複数のホームページを比較検証する
2.琴線に触れるまで次のページにスクロールする
3.検索語句を変えてみる

など行動は十人十色だと思います。

ただ、最近では1と2の行動を取る方は少ないと聞いています。

なぜなら「時間が勿体ない」からです。

「さっと検索して目的のページを早く見つけたい」方が圧倒的に多いです。

となると「検索語句を変えてみる」方が目的に早くたどり着く可能性が高い訳です。

では「中高年 英会話教室 新宿駅」で再検索してみると、かなり結果が変わりました。

■50歳からのシニア留学
■大人も学びやすい英会話教室
■中高年歓迎
■中高年向けのやさしい英会話

など、先ほどの結果には無い文言が入っています。

この結果であれば「クリックしてみよう」という方も増えるのではないでしょうか・・・

なので「ターゲットを絞り込んだSEO対策で無いと、効果が低い」事がご理解頂けたと思います。

また折角訪問して頂いたのに、反響が無い場合、何度も説明していますが「コンテンツに問題がある」のです。

前回では触れなかったのですが、「押さえておきたいコンテンツ」以外では、「ターゲットに合ったコンテンツ」が必要不可欠です。

■中高年でも学びやすい
■遅い時間まで開講している
■土日も開講している

などターゲットのニーズに対応できているのか、コンテンツを見直すべきでしょう。。

まとめますと、

・SEO業者に任せてSEO対策しても結果が出ない
・ウェブマーケティングの知識が無い業者が作成したホームページでは結果が出ない

には、それなりの「理由」があったのをご理解いただけたかと思います。

少しSEO対策からずれた内容もありましたが、「集客する」という観点から見ればご了承頂ける範囲だと思います。

かなり乱文で端折った感もあいますが、SEO対策で悩んでいる、困っている方の一助になれば幸いです。

もし、上記と同じ様な問題を抱えている方は「初回限定無料診断」をご活用ください。